シリーズ 育児

離乳食奮闘記17

ただただ落ち込んでいたこの時、
夫のなにげないひとことがずっとひっかかってしまって…

私をなぐさめようと言ったであろう
「しょうがないよ」の言葉は
どうしても他人事みたいに聞こえてました。

それを聞いた時、
夫と私の間にグワッと大きな溝ができた感じがして、やりきれない気持ちになったのを覚えています。

多分、あのとき私は夫の共感が欲しかったんだろうな…

一緒に離乳食を調べて考えて作ってたら、
自分で作ったごはんを捨てる気持ちを知っていたなら、
同じように悔しい気持ちになったはず。

ただ、これって私が一人でやりすぎた結果なんだよなぁ…とぼーっと考えていた。

自分が作り出してしまったこの状況に呆然する私、こうなってしまった理由を考えはじめます。

  • この記事を書いた人
そら

そら

にこにこ笑顔とまんまるタレ目がトレードマーク、はたらくくるまに目がない息子、ふたばくん(2019.1)の育児記録 育児の忘れたくない瞬間や、皆様と共有して一緒に笑いたいなと思う出来事などなど… マイペースに続けていけたらと思っておりますのでお付き合いいただけますと幸いです!

おすすめの話

1

自分からすぐ寝るのも夜泣きもめずらしいな〜なんてゆったり構えていた私 こうして書いてると結果を知っている身としては「めずらしいってことは!いつもと違うってことだよ!!!」って叫びたい気持ちになります。 ...

2

あんなにビビり倒すとかウソでしょ…? 喜んでくれるかな~なんて勝手に期待していたのはごめんだけどあまりに意外な反応でした 出し方がまずかったかな…?盛り上がるだろうとパックからドゥルン!!!と出したの ...

3

遊んでたらいきなり痛みに苦しみだすママにかなり動揺したことでしょう。 私もちょっと泣いちゃってたからなんとか笑わせようとたくさん考えたんだろうな… 後ろからのギューも馬乗りで遊ぶのもお片付けもあまりに ...

4

今の私を作ってくれた母の言葉 私が小さなころから母が私を大好きなことは私にとって当たり前のことでした それを「あたりまえ」と思わせてくれたことに感謝しています それは大人になった今でも変わらず娘大好き ...

5

離乳食のお話を続きもので描き始めます! 離乳食が終わってみて振り返るとたくさんの感情があり、それを残していきたいと思いました。普段の更新もちょこちょこはさみつつこちらのお話も進めていきます。 離乳食の ...

-シリーズ, 育児