シリーズ 育児

離乳食奮闘記17

ただただ落ち込んでいたこの時、
夫のなにげないひとことがずっとひっかかってしまって…

私をなぐさめようと言ったであろう
「しょうがないよ」の言葉は
どうしても他人事みたいに聞こえてました。

それを聞いた時、
夫と私の間にグワッと大きな溝ができた感じがして、やりきれない気持ちになったのを覚えています。

多分、あのとき私は夫の共感が欲しかったんだろうな…

一緒に離乳食を調べて考えて作ってたら、
自分で作ったごはんを捨てる気持ちを知っていたなら、
同じように悔しい気持ちになったはず。

ただ、これって私が一人でやりすぎた結果なんだよなぁ…とぼーっと考えていた。

自分が作り出してしまったこの状況に呆然する私、こうなってしまった理由を考えはじめます。

  • この記事を書いた人
そら

そら

にこにこ笑顔とまんまるタレ目がトレードマーク、はたらくくるまに目がない息子、ふたばくん(2019.1)の育児記録 育児の忘れたくない瞬間や、皆様と共有して一緒に笑いたいなと思う出来事などなど… マイペースに続けていけたらと思っておりますのでお付き合いいただけますと幸いです!

-シリーズ, 育児