シリーズ 育児

もう見られない君と新しい君 - 前編 -

小さなころはまだまだ
できないことだらけだった君

産まれてすぐなんて
自分で寝ることも
おっぱいを飲むことだって難しかった

「だっこして」と伝えるのも
私の目の前に来て
手足をバタバタ
わが家ではこれをだっこ待機と呼んで
愛でていました

歌を歌えば歌詞を間違い
靴を履くときも反対で
パパのグーサインには人差し指で応えていたね

そんな君がいつの間にか

どんどんいろんなことが
できるようになって

できるようになるまでは
とても長い時間だと思っていたのに
過ぎてしまうとあっという間に感じてしまう

親指でしっかりグーサインをした君を見たとき
なんだか涙が出ました

あの夜、あの夕方
あんなに願っていた“できた”の数々
嬉しいのは大前提
それなのに 同時に
無性にさみしくなるのはなぜだろう

  • この記事を書いた人
そら

そら

にこにこ笑顔とまんまるタレ目がトレードマーク、はたらくくるまに目がない息子、ふたばくん(2019.1)の育児記録 育児の忘れたくない瞬間や、皆様と共有して一緒に笑いたいなと思う出来事などなど… マイペースに続けていけたらと思っておりますのでお付き合いいただけますと幸いです!

-シリーズ, 育児