シリーズ 育児

離乳食奮闘記29

同じごはんを
おいしいねと言い合える
これが本当に幸せな時間

いつの日か
おんなじ好物ができて
おんなじ苦手なものもできて
これ好き!これ苦手!って
一緒に話せたらいいな

おかずの量はそんなに食べなかったけど(主食ばっかり)
少量でも自分から食べてくれて
おいしいという言葉がきけたことは
離乳食で地に落ちた私の料理の自信を
一気に取り戻してくれる
そんなパワーがありました。

あまり登場してませんでしたが、
パンは離乳食中期くらいからずっと友達です。

嫌いなメニュー食べさせようとすると、
パンまでとばっちり食らって
残されるという困った法則があったから
いつでもってわけじゃなかったけど、
完了期にもなると、おかずやごはんを食べてても
急にパンを思い出しては
「パン!!!!」と叫んでました。

  • この記事を書いた人
そら

そら

にこにこ笑顔とまんまるタレ目がトレードマーク、はたらくくるまに目がない息子、ふたばくん(2019.1)の育児記録 育児の忘れたくない瞬間や、皆様と共有して一緒に笑いたいなと思う出来事などなど… マイペースに続けていけたらと思っておりますのでお付き合いいただけますと幸いです!

-シリーズ, 育児